太陽光発電余剰電力買い取り

太陽光発電余剰電力の買い取り開始

固定価格での買取期間が、
2019年11月以降順次、満了します!

2009年に開始された買取制度は太陽光発電で作られた電気のうち、余った電気を電力会社が固定価格で買い取る制度です。
10年間の買取期間が設定されており、2019年以降順次、買取期間の満了を迎えます。

買取期間終了後は、コープ電力に売電することができます。

買取期間終了後は、各小売電気事業者と契約を結んで余剰電力を買い取ってもらうことができます。コープ電力(株)も小売電気事業者であり、組合員のみなさんとのご契約が可能です。発電した電気はご自宅で有効に使い、余った電力をコープ電力(株)にお売りください。買い取った電力は、「コープでんき」として組合員宅の電力供給に活用します。

※契約期間/『買取期間満了日』の翌日から1年後の検針日の前日までとし、以降、双方に異議がない場合は、1年毎の自動更新といたします。
※非化石価値の帰属/全て弊社に帰属するものといたします。上記単価には非化石価値相当額を含みます。
※買取価格は消費税込み単価になります。なお、買取単価は本書作成日時点での買取単価であり、変更する場合があります。この場合、買取単価は上記によらず 変更後の買取単価によるものといたします。

○「コープでんき」をご利用の組合員さんが余剰電力買い取りのお申し込みをすることができます。

>太陽光発電契約約款はこちら

取り扱い生協一覧

余剰電力買い取りQ&A

お問い合わせ